保険 アリコ ゼロから始めるマネー運用講座 忍者ブログ
個人投資家の皆様のお金の運用の考え方をシンプルかつわかりやすくお伝えすることを目的としたブログです。 特にこれから資産運用を始めようという方や、まだ資産運用を始めたばかりという方に有用な情報を提供したいと思います。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(以下 NIKKEI NET より引用)
後発医薬品、世界最大手が日本市場に本格参入

特許切れ成分を使った後発医薬品で世界最大手のテバ・ファーマスーティカル・インダストリーズ(イスラエル)が日本市場に本格参入する。近く中堅製薬会社の興和と開発・販売の合弁会社を設立する。新薬に比べ価格の安い後発薬は医療費削減の流れを受けて4、5年後に国内で1兆円超の市場規模となる見通し。豊富な品種を持つテバの参入で需要増に弾みがつきそうだ。成長市場を巡り、国内の製薬再編が加速する可能性もある。

テバと興和は合弁会社の出資比率や幹部人事などで最終調整を進めており、月内に合意する見通し。早ければ2010年にもテバの製品を日本で販売するとみられる。
[9月23日/日本経済新聞 朝刊]
(引用終わり)

日本は急速に進む高齢化の影響もあり医療費総額が増加し続けており、かつ国の財政にも余裕がないことから、今後はジェネリック医薬品の普及が進んでいく(進んでいかざるを得ない?)、というのが大方の見方だと思いますが、イスラエルのテバ・ファーマスーティカル・インダストリーズ社もそこにビジネス機会を見出したということでしょう。また、統計を見る限りでは、日本は欧米主要国と比べてジェネリック医薬品の普及率がまだまだ低いようなので、成熟化している日本市場においてジェネリック医薬品は数少ない成長分野の1つだと言えるのかもしれません。

なお、日本で上場しているジェネリック医薬品企業としては、沢井製薬、東和薬品、日医工などがあります(また、日本の大手製薬会社の一角である第一三共株式会社もジェネリック医薬品大手であるインドのRanbaxy Laboratories Limitedを買収したことで話題になったのも記憶に新しいところです)。
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 「リバロのゾロも準備中です」 興和“手羽”
 興和創薬がイスラエルのテバと合弁会社を立ち上げるそうだ。何でも後発医薬品世界最大手だそうで、興和との合弁で日本市場に参入してくる...
[アルバイト医師の日記 ] ×URL   2008/09/30(Tue) 00:05:03



<金融商品を調べる>
・プレミアム・デポジット  ・パーカッション  ・ハイドン  ・パワーステップアップ預金  ・パワード定期  ・パワード定期プラス  ・パワード定期スリー  ・円活  ・エクセレントファースト  ・エクセレントファーストV  ・デュアルカレンシー・デポジット  ・カンガルー・デポジット  ・トリプル カレンシー・デポジット  ・ステップアップ・コーラブル  ・コイントス  ・エクセレントファースト  ・ラダリング円定期預金  ・円活  



ブログ内検索